床素材は家の強度を維持することはもちろん、床下からの寒さを軽減させたり、足音などの騒音を防いだりするといった機能を持ち合わせています。

また、色や風合いなどがインテリアの一部にもなっているため、理想としている住宅空間を生み出す手伝いもしてくれています。

特にフローリングは素材によって色や素材が持つ雰囲気、機能性などが大きく違ってくるため、家族のライフスタイルや理想とする空間に合わせた床素材を選ぶべきです。

そこで今回はフローリングの種類と特徴についてご紹介しましょう。

 

■複合フローリングの特徴

フローリングというと木材によって違いがあるというイメージを持つ方も多いかと思いますが、それ以前に2タイプがあることをご存知でしょうか?

フローリングは「複合フローリング」と「単層フローリング」に分けることができます。

複合フローリングは合板の上に木材を貼ったもので、いわゆる一般的なフローリングは複合に分類されます。

複合は木材特有の反りや膨張などが起きにくいという特徴を持っており、メンテナンスは非常に楽です。

また、機能性が高い素材も多く、例えば遮音性に優れていたり、摩耗に強かったりする商品を選べるでしょう。

商品数も多く、デザインや色のバリエーションは単層に比べても豊富になっています。

デメリットとしては、表面の合板が剥がれてしまうと傷を補修することは難しく、板そのものを交換しなくてはなりません。

さらに、合板を使っているためか単層に比べて踏み心地が硬く感じられます。

 

■単層フローリングの特徴

単層は木材そのものを使用しているため、木の香りが感じられます。

複合では得られない肌触りや雰囲気は単層ならではの特徴とも言えるでしょう。

材料自体はとても豊富なので、木材そのものが持つ機能性に合わせて部屋に適したフローリングを選ぶことができます。

また、単層の大きな魅力として経年変化が楽しめるという点が挙げられます。

年々少しずつ変化していく床はインテリアや空間の雰囲気も少しずつ変えてくれて、その楽しみが味わえるのは単層だけです。

ただし、複合に比べると価格は高くなってしまい、またメンテナンスも必要になるためランニングコストが掛かってくるでしょう。

 

 

フローリングには複合と単層の2種類があり、それぞれ特徴が異なっていることが分かりました。

ぜひ特徴を踏まえた上で、自分の家にはどちらが向いているのか検討してみましょう。