よくエクステリアは外溝と混同されることがありますが、実は少し意味が異なります。
そもそもエクステリアとは何か分かっていない方も少なくないでしょう。
ここではエクステリアと外溝の違いやエクステリアを充実させるメリット、デザインの種類などについてご紹介していきます。

■外溝は構造物、エクステリアは空間や環境を示す

外溝は構造物、エクステリアは空間や環境を示す
外溝とは、建物外部にある構造物を指します。
一方、エクステリアとは外部の構造物や設備の全体を示す言葉です。
家具や照明など室内全体の空間イメージをインテリアと言うように、外回りの空間や環境など装飾的な意味でエクステリアという言葉が使われています。
エクステリアを充実させるメリットは外講をおしゃれな空間に演出できるだけではなく、ウッドデッキやテラス、カーポート・ガレージなど、ライフスタイルを快適なものにしてくれることも挙げられます。
また、フェンスや常緑樹を設置すれば防犯対策にもなるので、安全な暮らしを実現するためにも欠かせない要素です。

■エクステリアのデザインは3つ

エクステリアのデザインは3つ

エクステリアのデザインにはオープンデザイン、クローズデザイン、さらに両方のデザインを取り入れたセミデザインがあります。

・オープンデザイン

外溝をフェンスなどで仕切らない、開放感を重視したデザインになります。
基本的に門扉はなく、表札やポスト、インターホンなどが搭載された門柱だけが設置されたスタイルです。
狭い土地はフェンスで囲むと窮屈な印象を与えるので、住宅が密集している土地で開放感が欲しいという時に適しているでしょう。
フェンスがない分、プライバシーの確保やセキュリティ面では工夫が必要です。
植物を使い目隠しや防犯性を高めると良いでしょう。

・クローズデザイン

門扉やフェンス、生垣で敷地を囲い、庭や1階部分を見えにくくしたデザインになります。
日本では古くからこのスタイルが主流で、プライバシー確保や防犯面に優れていますが、少し閉鎖的になってしまうのが欠点です。
フェンスをウッドフェンスや木製の門扉などに変えるだけでも、閉鎖的な空間を和らげることができるでしょう。

・セミデザイン

セミオープンデザインやセミクローズデザインは、それぞれの良さを組み合わせたエクステリアで、開放的すぎても閉鎖的すぎても困るという家におすすめです。
具体的なデザインは、低いフェンスで囲み庭や1階部分を完全に隠さないようにしたり、駐車スペースなど一部はオープン状態にしたりする組み合わせが主流となっています。
工夫次第で様々なデザインにできるので、ライフスタイルや防犯性、プライバシーの確保などに配慮して考えられるところもセミデザインのメリットです。

エクステリアは住宅の第一印象と共に、住む上での快適性や防犯面などに関わる要素です。
住宅の満足度にも関わるので専門家に相談し、自分達の好みやライフスタイルに合ったエクステリアを考えていきましょう。