「シックハウス症候群」という言葉を耳にしたことはありますか?
健康に害をもたらすシックハウス症候群は、実は建築してすぐの注文住宅に住み始めた方が訴えることの多い病気です。
1度発症してしまうと、そこからさらに敏感に症状が出てしまうこともあります。
ここでは、決して軽視してはならないシックハウス症候群について詳しく見ていきましょう。

■シックハウス症候群はどんな病気?

シックハウス症候群はどんな病気?
シックハウス症候群は、注文住宅を建設する際に使用した建材によって住宅の中の空気が汚染されてしまうことで起こる健康被害のことを言います。
建材によって空気が汚染されると、体内にアレルギーが発生して健康被害が起こります。
注文住宅やリフォームしたばかりの室内で過ごしている際に、吐き気・倦怠感・めまい・目がチカチカするなどの症状が現れた場合、シックハウス症候群である可能性が高いでしょう。

■建てたばかりの注文住宅で起こりやすいのはなぜ?

建てたばかりの注文住宅で起こりやすいのはなぜ?
では、なぜ建てたばかりの注文住宅で見られることが多いのでしょうか?
シックハウス症候群は、自宅内の壁・床・家具等の接着剤に使用される「ホルムアルデヒド」と呼ばれる化学物質によって反応を起こしてしまうと言われています。
そのほかにも、塗料用溶剤・樹脂・ワックス特有の臭いによって引き起こされることもあり、トルエン・トリメチルペンゼン・キシレンなどが原因となります。
近年では、注文住宅では高気密住宅・高断熱住宅が当たり前の時代となってきました。
しかし、そのことでダニやカビが繁殖しやすい環境を作ってしまっているのも原因と言えます。
注文住宅が完成すれば、これまでの生活空間よりも環境がはるかに良くなっていると感じることが多々あるでしょう。
しかし、化学物質やダニ・カビなどが原因でシックハウス症候群にならないよう注意も必要です。
シックハウス症候群を避けるには、化学物質の発生が少ない良質な建材を選ぶようにすることも重要なポイントです。
また、こまめな換気や家の中の空気を循環させるよう心がけましょう。

シックハウス症候群は、1度発症してしまうとその他の化学物質にも敏感に反応してしまう可能性があります。
注文住宅を建てる際には、使用する建材や塗料用溶剤についてもしっかり理解しておくことが大切です。
また、注文住宅完成後は部屋の空気の入れ替えを意識的に行い、空気の循環を忘れずに行う必要があります。
注文住宅を検討する際に、シックハウス症候群についても理解し、より快適に過ごしていけるよう対策を行うようにしましょう。