吹き抜けのメリット・デメリットをご紹介
注文住宅を建てる際には快適に暮らすために、様々な設備を取り入れようと考えるでしょう。
その中でも吹き抜けを検討する方は多いです。
吹き抜けは開放感があるなど多くのメリットがありますが、実はデメリットも存在します。
今回は、注文住宅に吹き抜けを取り入れることで見られるメリット・デメリットについてご紹介していきましょう。

■注文住宅で吹き抜けを取り入れるメリットとは

注文住宅で吹き抜けを取り入れるメリットとは
まずは、吹き抜けのメリットについてご紹介します。

・開放感

第一に開放感が挙げられます。
天井が高くなるので見た目にも広さを感じることができ、快適に暮らすことができるでしょう。
また、吹き抜けの上部に窓を取り入れることで、光が差し込むので家全体が明るくなる効果もあります。

・費用の削減

吹き抜けとなる分、柱や仕切りが少なくなるので注文住宅を建てる際の費用を削減することができます。
費用をできるだけ抑えたい場合には、吹き抜けを取り入れてみてはいかがでしょうか?

・コミュニケーションが取れる

注文住宅で吹き抜けを取り入れることで家族とのコミュニケーションを増やすことができます。
家の中が見渡しやすくなるので、家族がどこにいるのか確認することができるだけではなく、呼びかけをすることで部屋にいながらでもすぐに気が付くことができます。

■注文住宅で吹き抜けを取り入れるデメリットとは

注文住宅で吹き抜けを取り入れるデメリットとは
次に、吹き抜けのデメリットについてご紹介していきましょう。

・室温対策

暖かい空気は上に上っていくため、1階で暖房を付けたとしても暖かい空気は天井に逃げてしまいます。
そのため、1階にいたとしても寒さを感じることがあるでしょう。
シーリングファンを取り付けて空気を循環させるなど、対策を考えることが重要です。
また、寒い空気は下に停滞するため足元が冷えることも多く、その場合には床暖房を取り入れるなどの対策が必要になってきます。

・メンテナンスの大変さ

注文住宅で吹き抜けを取り入れる際には室温対策としてシーリングファンを備える家庭も多いでしょうが、ホコリが溜まりやすいので定期的に掃除を行う必要があるでしょう。
窓掃除や電球交換なども行わなくてはいけないため、脚立が必要になるなどメンテナンスでは危険を伴う場合もあります。
そのため、あらかじめキャットウォークを設置するなど、対策しておかなくてはなりません。

このように、注文住宅での吹き抜けの設置にはメリットだけではなくデメリットもあります。
良い部分だけしか見ていないと後悔することも考えられるので、理想の注文住宅を建てるためにも、デメリットについてしっかりと把握しておくことが大切です。